時間は要領よく使いましょう。

時間は大切です。

無限にある物ではありません。限りある時間でいかにミッションを完了するかは要領のよさが重要になります。

さて、要領のいい人と、悪い人の違いはどこにあるのでしょうか?

要領のいい人というのは“常に目的を意識して目的に向かって進むことを考えれる人”だと考えています。

逆に要領の悪い人は”本来の目的を理解できずに関係の無いところで苦労してる人”と思います。

一生懸命するのも大切だけど、目的を達成できてなければ評価は0です。周りにとってそれは『悪』になります。

また目的が見えないときは人に聞くなり、人の見えないところ(業務時間外とか)に試行錯誤、無駄なことも含めがむしゃらにやってみるといいと思います。

そして次の日の朝には身の回りの環境を最善の状態にしておくと次の日の業務もスムーズに進むし、周りの評価も上がりますね。

ウレタンゴムの成型も要領よくすることで品質のいい製品を提供できるのです。