集中できる脳を作ろう

同じ仕事をして、同じような思考回路になると脳は刺激がほしくなり、放っておくと脳は働きにくくなります。

そうならないように冴える脳を作る必要があります。

方法は至って簡単。下記の五つです。

1.失敗は忘れる。
失敗をくよくよ反省し続けるとストレスになって余計な脳の労力を消費します。

2,目の前を片付ける。
散らかった環境にいると実は気がつきにくいですが、視覚的なストレスがかかっています。

3.二つ以上の事を同時に進める。
同時に処理することによって脳が鍛え上げられて、より多くの仕事が出来るようになります。

4.小さく具体的な目標を決めます。
大きな遠い目標は脳が飽きる原因にもなりかねません。小さな目標を立てて達成することで脳にご褒美をあげましょう。

5.仕事は完全に終わらせてはいけません。
何かを達成すると、意欲を高める「ドーパミン」が枯渇します。少しでも仕事を残して次の日に終わらせてすぐに新しい仕事に取りかかるといいでしょう。

以上、人の正確にもよる部分ではありますが、冴える脳を作るテクニックでした。

冴えた脳でウレタンゴムを注型します。